「多くの経験が自分の成長に」

今木 嵩士

2017年入社

大阪府出身/関西大学法学部法学政治学科卒業

一日のスケジュール

司法書士をめざしたきっかけは?

大学で法律を学ぶなかで、法律知識を役立てる仕事に就きたいと思うようになり、司法書士を目指しました。町の法律家として、身近に人と接することが出来るところに魅力を感じました。

当事務所を選んだポイントは?

試験合格後の司法書士新人研修中に、当事務所の方と仲良くなりました。試験合格前から補助者として勤務されておられた方で、経験豊富で、実務や仕事内容などたくさんのことを教えて頂きました。事務所のことをお聞きすると、司法書士業務の花形である登記業務をメインにしていて、案件数も多く内容も様々で真面目に頑張れば実力がつくと言われました。私は、多岐にわたる業務の中でも登記について経験を積みたいと考えていたので、当事務所で働きたいと思いました。

今はどんな仕事をしていますか?

不動産業者及び金融機関からの依頼案件を担当しております。中心となる業務は不動産登記になります。不動産売買の決済立会や本人確認、相続、贈与、財産分与、借換、抹消など様々です。土地の権利関係の調査から、マイホームの購入者様への所有権移転、抵当権設定まで一貫して行います。地域によって登記の特色も異なりますので、どのような場面でも対応できるよう、事例の確認を怠らず先輩方にもお聞きしながら仕事をしています。

どのようにして仕事を覚えていきましたか?

決済立会や本人確認業務へ行かれる先輩方に積極的に同行させて頂きました。案件に触れ、実際のやり取りを肌で感じることで効率よく仕事を覚えていくことができました。事務所には経験豊富な先輩方がたくさんいらっしゃるので、いろんな方に質問ができる環境にあります。諸先輩方の意見や考え方をたくさん吸収させて頂いております。

職場の雰囲気を教えてください。

「風通しの良い事務所」をモットーにしており、日々の業務に関して先輩方は些細な事でも耳を傾けてくれます。その分、自分も精一杯仕事に励もうという気持ちが湧いてきて活気付けられています。所内が落ち着いているときは、冗談を言い合ったりして、非常に良い距離感のなかで仕事ができる雰囲気です。

今後の目標を教えてください。

入社して三年が経ち、明石事務所の所長という責任のある立場を任せて頂いています。これも偏に諸先輩方のご指導のおかげであり、その期待に応えるべく日々邁進してまいります。「士業に就いたからには、いずれ独立を。」という考えもありますが、まずは焦らず経験を積み、皆様から信頼される司法書士になりたいです。

一日のスケジュール

8:30

出勤

お取引先様からのメールの確認、今日立会う決済の謄本閲覧をします。

10:00

決済立会い

銀行にて決済に立ち会います。書類の不備がないか、入念にチェックをし、お客様に登記のご説明をします。

11:30

法務局で登記の申請

申請前に、書類の最終確認をします。ミスの許されない業務で、お取引様の信頼にこたえるためにも丁寧さを心がけています。

12:00

お昼休憩

外出先でとることが多いのですが、事務所内での昼食は賑やかでとても楽しい時間です。

13:30

事務所にて事務処理

午前中に立ち会った決済の事後処理をします。

14:00

お見積り作成・お打ち合わせ

新規で頂いた案件のお見積りの作成をしたり、電話でお取引先の業者様や金融機関様との決済のお打ち合わせをしたりします。迅速かつ丁寧に対応して、少しずつ信頼関係を築いていきます。

16:00

書類作成や整理、お取引先へのご挨拶等

決済予定の書類の作成をしたり、登記が完了した書類の整理をし発送準備をします。また、お取引先業者様へ挨拶に伺うこともあります。

18:00

明日の決済立会の準備と確認

翌日の決済案件に目を通し、内容の再確認と行先の電車の時間等の確認をします。

18:30

退勤

日報を書いて本日の業務終了。お疲れ様でした。

休日の過ごし方

休日は結構アクティブに過ごします。ドライブをして観光に出かけたり、コーヒーが好きなので喫茶店巡りをしたりします。一人の時間も大切にしながら、友人と過ごしたり、事務所の方々とゴルフに出かけたりと、目一杯楽しむようにしています。